コンテンツ
ヘッダ

+ + Hanaのときどきドキドキ + +

HEROいじめの記録とGameとひとりごと(*UωU*)にゃんにゃん♪ぶぅぅ♪
Hanaは毒舌であまえんぼう、夫大好き愛してるな主婦。
HEROはHanaの4歳年下のいじめられっこでかわいくて頼りになる夫。ちょっとくまちっく。

カレンダー

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文

一定期間更新がないため広告を表示しています

記事続き
タイトル
タイトル
おてて。
記事本文
そのおててはにゃんでしゅかぁ。
もぞかっぢゃぁぁぁあ。
おてて1。 おてて2。 おてて3。
ぼく ちょびちゃん。
ちょっと みんなより ちっちゃい。
はなみず でてるのは ないちょ。
-------------------------------------------------------
実家のにゃんこです。
       にゃんこ飼いたいズラ(*TДT*)
記事続き
タイトル
タイトル
にゃんちんず。
記事本文
にゃんちんず。
実家のにゃんちんず。
アパートでもにゃんちん飼いたいなぁ。
写真はちょろ隊長。
ほかのにゃんずはじっとしてなくて写せなかった。


記事続き
タイトル
タイトル
ヨーグルトはおいしいね。
記事本文
ヨーグルトまるけ。
顔を洗ってもおいしい。
ヨーグルトはおいしいね。  ヨーグルトはおいしいね。
記事続き
タイトル
タイトル
ちびにゃんず。
記事本文
ちびにゃんず。
8月19日のちびにゃんず。
誕生日はわかりません。
実家の猫なのですけどね。
両親の知らない間に、
ある日突然ゆりちゃんのおなかがぺったんこになっていたらしいです。
納屋かどこかで産んでいて、
父親が仕事から帰ってきたらつれてきていたそうです。
記事続き
タイトル
タイトル
ちょろとゆりちゃん。
記事本文
ちょろとゆりちゃん。
手前がちょろ(♂)
奥がゆりちゃん(♀)

ちょろはあまえんぼ。
ゆりちゃんは五匹のちびにゃんずのママ。
記事続き
タイトル
タイトル
さくらひめ。
記事本文
さくらひめ
最近暗い日記ばっかりだからなんか明るい日記を書こう。

この子は「さくら」です。「さくらひめ」とか「さくらちゃん」
って呼んでます。
ちびにゃんずのママです。

うちのばあちゃんは「よごれ」とか「へぐろ」とか呼びます。
まぁシンデラと似たような意味合いですね。
記事続き
タイトル
タイトル
ぼたもち依存症
記事本文
ぼたもち依存症

ぼたもち依存症をやめようと考えました。
これは「ぼたもちに甘える」ことをやめるのであって、
「ぼたもちを忘れる」ということではありません。

正直、この子が死んだときHanaは泣きませんでした。
Hanaは結婚はしていませんが、
未亡人になった気分でした。
それが現実なのかよくわかりませんでした。

その後にも猫とのお別れはありました。
うちには常時5〜6匹の猫がいますから、
お別れもおおいです。
その時は泣きましたが、
ぼたもちのことは思い出しても涙が出ませんでした。

この間3回忌を迎えて、
リアルでも色々悩むこともおおかったので、
大泣きをしました。
そのときぼたちんの写真をみて
「ぼたちん。どうしてHanaを置いて死んでしまったの?」
「Hanaは一人でどうすればいいの?」
と、考えて、初めて涙が出ました。
ぼたもちが死んでからも色々ぼたもちのことは思い出すことはありました。
でもこのあいだからすごく落ち込んで、
ひさしぶりに「泣く」という行為をしたことによってか?
死んでしまっているぼたもちを責めてしまったのです。

その時に、ふと思いました。
Hanaはぼたもちに甘えている。
死んでからもう2年もたつのに、
いつまでもHanaに甘えられてたらぼたもちだって悲しいはず。
ぼたちんのことは忘れないけど、
ぼたちんに依存するのはやめよう。そう考えました。

Hanaが甘えている間は、
ぼたちんも生まれ変わることはできないはずです。

ぼたちんありがとう。
Hanaは自分で元気を見つけるようにがんばります。
これからは今いるにゃんちんずに、
ぼたちんにはしてあげられなかったことをたくさんしてあげたいです。

そう。思ったので、「依存症」からの卒業です。
--------------------------------------------------------

ついでにぼたもちとの思い出も書かせてください。
彼は呼ばれるとどんなに遠くからでもHanaに向かって走ってきました。
寝るのは必ずと言っていいほどHanaのベッドでした。
Hanaが泣いているとじーっといっしょにいてくれました。

Hanaは猫と話をします。
これはペットを飼っていらっしゃる方なら
どなたでもなさることでしょう。
でもHanaは猫の返事もします。
これを言うと人には馬鹿にされます。
けど、これで自分の悩みに答えを出せるのです。

たとえば・・・。(にんじん好きだけどわかりやすいたとえ話です)
Hana「ぼたちーん、にんじん食べたくなぁい」
ぼたもち「だめにゃん、Hanaはにんじん食べないからぶすなのにゃん。おりこうさんだから食べるのにゃん」
(猫の返事はなぜか毒舌)

こんな感じで自分のことを自分で解決してきました。
悩みも何もかも彼に話してきました。

Hana「ぼたちん。きょーはお仕事行きたくない」
ぼたもち「だめにゃん。いかなきゃだめなのにゃん。まったくおばかさんにゃんね」
Hana「はい。いってきます。」
って感じで・・・。
いつも彼に背中を押されていました。
彼の言葉を借りてHanaは前向きに生きてきました。
だからぼたもちが死んでから今のHanaは一人ぼっちだけど、
それでもなんだか最近は悩むことがなくなってきました。

なのに最近ちょっとナーバスになってそれに追加して色々とあって、
とっても泣いて、死んでしまったぼたもちに八つ当たりをしたのでした。

前向きにいこー。
記事続き
タイトル
タイトル
だいごろとけんちゃん。
記事本文
だいごろとけんちゃん
だいごろがけんちゃんをいっしょうけんめい、ぺろんち中。
ふだんはちびにゃんずが近寄ると戦闘体制に入るだいごろだけど、
今日は機嫌がよかったのか?
ぺろんちしてあげていた。
でも、やっぱり無理やり押さえ込んでちょっとみ、いぢめてるっぽい。
でもまぁ・・・。
しつこくしつこく、あたまのからおしりまでなめていた。
そのせいか???
大雨だ( ̄ ̄ ̄ ̄□ ̄ ̄ ̄ ̄;)
記事続き
タイトル
タイトル
ちょこちゃんとちびにゃん
記事本文
ちょこちゃんとちびにゃん
ちょこちゃんとちびにゃんをあっぷ。
うふふ。。。。
記事続き
タイトル
タイトル
ちょこちゃんの子。
記事本文
ちょこちゃんのこ
ちょこちゃんの子。

2匹写ってるのの小さいほう。
4月25日に生まれた。
おとこのこ。
記事続き
右サイドバー1
タイトル

検索

本文


タイトル

プロフィール

本文
タイトル

リンク

本文
タイトル

モバイル

本文
qrcode
タイトル

アザーズ

本文
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR.  (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.